絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ユーザー

本品はアイラセット【A】 8ピースに含まれます。
アードベッグ 10年
540円(内税) 〜 1,290円(内税)
5 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容量
30ml100ml
購入数

アードベッグ 10年
540円(内税) 〜 1,290円(内税)
5 ポイント還元
非常にスモーキーでありながら、デリケートな味わいを持つアイラモルト。
とりわけその10年は、アードベッグの個性や「らしさ」を強く感じることができるスタンダード品。


度数:46度
原産:スコットランド
当店での開栓:2020年3月
当店での保存:開栓前からパラフィルムを重ねて冷暗所で縦置きし、開栓後はサーブごとにパラフィルムを巻き直し冷暗所にて縦置き

当店では、お酒を小瓶に詰め替えて販売いたします。この商品はフルボトルではありません。お間違えのないようにお願いいたします。
※メーカーの変更により、実際に詰めるお酒のデザインが掲載画像のデザインと異なる場合があります。



アードベッグ 10年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [20]
正直ビギナーの方にはどのような飲み方でも香りの個性が強すぎて、ウィスキー嫌いにさせてしまうリスクを強くはらんでいます。
ただ、慣れた頃に飲むと、その魅力を大いに知ることができます。

《香り》


香りはパンチの利いたピート香、そして重なるようなスモーキースメルです。
乱暴な表現がこの銘柄には最適と言えると考え敢えてその表現を使うならば、正露丸のような鼻を刺す香りに燻製のようなスモーキーな香りがやってきます。
しかし、悪い意味で言っているのではなく、なぜそれだけの個性的な香りでありながら長い歴史を紡いでこれたのかを理解できる高い次元で調和したものとなっています。

《味》


味わいは個性的な香りとは対照的に果物のような印象を与えるようなものとなっています。
このギャップに魅力を感じる方も少なくありませんし、大きな長所となっています。

《おすすめの飲み方》


ストレート・トワイスアップ

《一緒に食べたい おつまみor料理》


チョコレートがおすすめです。
濃厚なチョコレートにもかき消されない強さを持った香りは良い意味で調和してくれます。
トワイスアップで香りを強調させるのもおすすめです。

《おすすめのシチュエーション》


春先の食前に飲むのがおすすめです。
春の惰眠を覚ます鮮烈な香りはきっと、その後の料理を楽しませてくれるきっかけになってくれます。




アードベッグ10年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [5]
クセが強く通好みのウイスキー。初心者の方は厳しいくらい飲む人を選ぶウイスキー。
その為まずはほかのウイスキーを飲んで慣れてからアイラ島のウイスキーに挑戦するのが良いと思う。

《香り》


アイラ特有のスモーキーかつピーティーな香り、その中でもトップクラスのアードベッグ。
その香りの中にかすかにバナナを思わせるフルーティな香りがあり個性の強い香り。

《味》


強い癖があり、口に含んだ瞬間にピート香がダイレクトにくる。
飲んでいくにつれて甘さが感じられる。余韻はスモーキーな香りが長く続く。

《おすすめの飲み方》


ハイボール

《一緒に食べたい おつまみor料理》


ローストしたナッツまたはビーフジャーキー。
味の濃いものと一緒に飲んでいただきたい。

《おすすめのシチュエーション》


食後に強烈なピート香を感じてもらいたい。




アードベッグ 10年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [80]
アイラモルトの強烈な個性を楽しむのには分かりやすいウイスキーの一つ。
キャラクターが強すぎて苦手という人はハイボールにしてもおいしく飲めるのでお勧め。

《香り》


猛烈な煙の香り。
すすけた煙突。焦げた焼き網のような力強さ。
アイラモルト特有のヨード香。それらに目が行きがちだがふんわりと甘い香りも奥に潜む。
個性バツグンの香り。

《味》


ピリッとアルコールの刺激をはじめに感じる。
その後香りの大きな要素であるスモーキーさをたたえた重厚な香ばしさが広がり、後味にはふわりとした甘みとウッディな余韻がのこる。
終始強烈なアルコール感の刺激を感じる。

《おすすめの飲み方》


ストレート、ロック、ハイボール

《一緒に食べたい おつまみor料理》


チョコレートやナッツなど、ウイスキーそのものの強烈さを緩和するおつまみが合うが単品で楽しんでも良いと思う。

《おすすめのシチュエーション》


食後。本品をメインに楽しみたい。




アードベッグ 10年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [50]
とても個性的でこの味わいが大好きな愛好家はたいへん多いです。
しかしビギナーに対しての飲みやすさとなると、50点あたりの評価に。
ハードでエッジーなウイスキーです。
ハイボールにすると飲みやすくなる、という意見もありますが、非常に個性的なアードベッグ 10年に炭酸を加えるのはさすがにもったいないかも。

《香り》


ピートの効いた相当に強いスモーキーさが特徴的。
アイラ島のウイスキーらしくヨード臭もありますが、それ以外にも木樽、そして果実に近い甘い香りもほのかに漂い、何とも複雑な要素が詰まっています。

《味》


鼻にグンとスモークの香りが抜けるのでガツンとした味わいが最初に訪れます。
またエッジが立つ樽の香りも強くスパイシー。
喉を流れていった後もスモークな要素は口内、鼻にしばし残ります。

《おすすめの飲み方》


ストレート、トワイスアップ、水割り

《一緒に食べたい おつまみor料理》


そのまま飲むのも良いですし、燻製系のおつまみも合うはず。
特にニシンの燻製などはバクバク進みます。

《おすすめのシチュエーション》


燻製系の料理を用意できるのであれば、本銘柄は食中酒として美味しい時間を満喫できると思います。




アードベッグ 10年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [30]
30点!(苦笑) 飲みやすくはないですからね。
ウイスキーの有名どころは結構飲んで濃厚な物が好み!という方におすすめです。

《香り》


消毒液とも感じるほどの濃密なピート臭。
口にした途端素早く鼻に突き抜けるその風味はスコッチウイスキーのクセをこよなく愛する人にオススメ!
ファーストインプレッションとは真逆に香りの引きは早く去り際には薫製を思わせるスモーキーな残り香を遺していきます。
何口か呑むと強烈とも取れるその特徴は心地よく馴染み、ついつい口に運んでしまいます。

《味》


香りの印象とは若干異なりクセは殆どなく比較的まろやかな印象。
しかし香りと同様に濃密な味わいでスコッチウイスキー特有のピリ辛さとウイスキー本来の甘味が共存しています。

《おすすめの飲み方》


ストレートが断然オススメです。
ロックも素早く飲み干せば美味しく頂けますが、時間をかけてしまうと味が薄まり香りだけが主張するので香りと味のミスマッチが目立つ様に感じます。

《一緒に食べたい おつまみor料理》


週末等の時間がたっぷりあってゆったりと楽しむならば薫製の食べ物がよく合います。
中でもオススメはスモークチーズとスモークサーモンです。
アードベッグは味も香りも本当に濃厚なので食べ物の方も同様に濃厚な物で合わせるとリッチな気分を味わえます。
もう少し気軽に楽しむのであればチョコレートが良いでしょう。
オススメはミルクよりはダークです。しかも甘過ぎないもの。
ダークチョコレートの苦味と僅かな甘さのバランスがこのウイスキーが持つ甘さをより一層引き立て、ピリ辛さもチョコレートのまったり感で相殺してくれます。

《おすすめのシチュエーション》


食後がおすすめ。
食前や食中には香りが強すぎる為食べ物とのミスマッチやオススメの飲み方からして胃に負担をかけてしまいます。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています