絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ユーザー
アイリッシュウイスキーおすすめセット【A】 5ピース
2,650円(内税) 〜 6,700円(内税)
26 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容量
各30ml各100ml
購入数

アイリッシュウイスキーおすすめセット【A】 5ピース
2,650円(内税) 〜 6,700円(内税)
26 ポイント還元
アイリッシュウイスキーをあまり飲みなれていない方のために、それぞれキャラクターの異なる美味しいウイスキーをセレクトしました。
お得な5種の飲み比べセットです。


■商品の内容
タラモアデュー 12年 (40度) / ブレンデッド・ウイスキー
カネマラ 12年 (40度) / シングルモルト・ウイスキー
ライターズ ティアーズ (40度) / ブレンデッド・ウイスキー
レッドブレスト 12年 (40度) / シングルポットスチル・ウイスキー
ティーリング シングルモルト (46度) / シングルモルト・ウイスキー


店長:滝
華美なスコッチやパワフルなバーボンと比べ、なんだかマイナー感の漂うような気がせんでもない彼ら。
マイルドで飲みやすく、スッと馴染むような親しみやすさが特徴であるアイリッシュウイスキーは、飲み手を選ばず誰にも好まれる一方で、その「良さ」が故に案外と目立たないのかもしれません。
そんな、何でもないようなことが幸せだったと思う系ウイスキーを、さまざまな「製法」に注目しつつご紹介します。



タラモアデュー 12年



【特徴】
#アイリッシュウイスキー第2位の有名ブランド
#スモーキーさナシの、「ノンピート製法」
#アイルランド伝統の「単式三回蒸留製法」
#グレーンウイスキーをブレンドした「ブレンデッドウイスキー」


店長:滝
風味のタイプ:☑飲みやすい ☑爽やか ☑酸っぱい ☑ちょっとスイート
オススメの飲み方:☑ロック ☑水割り

大麦麦芽の発酵液(ビールのようなもの)を釜に入れ、コトコトと煮立てるとアルコールの蒸気が上がります。
この蒸気を集めて冷却すると、透明でアルコール分の強い蒸留酒のできあがり。
更にその蒸留酒を煮立て、蒸気を集めて冷却すると、もっと透明でもっとアルコール分の強い蒸溜酒ができあがります。
ここまでの工程を「単式二回蒸留」といい、ほとんどのスコッチモルトウイスキーはこのようにして造られます。
ここで、更にもう一度の蒸留工程を行い、ますます透明でますますアルコール分の強い仕上がりを実現する手法が「単式三回蒸留」。
スコッチウイスキーではほとんど見られない、アイルランドの伝統製法です。

この三回蒸留を施したモルト原酒は、次にタイプの異なる木樽でゆっくりと眠りにつくことになりますが…、
一方その頃。大麦のみならざる原料を使用したグレーンウイスキーが製造されています。
グレーンウイスキーもモルトウイスキーも、原料こそ違えど基本的な製造方法には似た部分が多いのですが、決定的に異なるのは蒸留方法。
釜を煮沸、冷却、また釜に移し煮沸…、としていたモルトウイスキーの「単式」蒸留機ではなく、グレーンウイスキーの蒸留には、何十回分の蒸留を一度に施してしまう装置、「連続式」蒸留機が採用されています。
これにより生み出されるグレーンウイスキー原酒は、非常にクリアでライト。このグレーン原酒もまた、樽の中で眠りにつきます。
そして、単式三回蒸留モルト原酒と連続式蒸留グレーン原酒とをブレンドし、馴染ませると、アイリッシュ・ブレンデッドウイスキーの完成!
このように、すっきりライトなモルト原酒と、超すっきり超ライトなグレーン原酒との「ブレンデッドウイスキー」がアイリッシュウイスキーの最もポピュラーなスタイルであり、その代表銘柄がタラモアデューだったりジェムソンだったりであるというワケですね。

どうして三回蒸留のウイスキーと二回蒸留のウイスキーとが同じくらいのアルコール度数で製品化されているのかといえば、製品化に際して多く水を加えて整えているから。
水増ししていると言うとケチっぽく聞こえなくもないですが、蒸留の手間暇をたっぷり三回分かけているお酒ですから、ここはひとつ「飲みやすく調理してくれているんだ」と受け取りたいところ。

二回蒸留のスコッチモルトウイスキーにはない、三回蒸留のアイリッシュモルトウイスキーならではの魅力は、クリアで雑味なく飲みやすいこと。
しかし、蒸留工程を繰り返すことで原料由来の風味は薄くなるため、あえて裏を返せば没個性とも薄味であるとも言えます。
引っかかりなく楽しめるという意味でビギナー向きでもあり、繊細な味わいと向き合うという意味では玄人向けでしょうか?
百聞は一飲に如かず。ひとくちどうぞ、お試し下さい。



カネマラ 12年



【特徴】
#クーリー蒸溜所謹製
#1つの蒸留所で製造された原酒のみを使用(シングル)
#原料は大麦麦芽100%(モルトウイスキー)
#すなわち「シングルモルト・アイリッシュウイスキー」
#アイリッシュに珍しい「ピーテッド」タイプ
#炊き込むピートは14ppm
#単式二回蒸留製法


店長:滝
風味のタイプ:☑飲みやすい ☑スモーキー ☑さっぱり ☑ちょっとスイート
オススメの飲み方:☑ストレート ☑ロック ☑ハイボール

タラモアデュー12年もそうであったように、一般的なアイリッシュウイスキーにはスコッチウイスキーのようなスモーキーフレーバーは殆どありません。
そんな中、単式二回蒸留製法、シングルモルト、スモーキーフレーバーと、スコッチウイスキーのようなスタイルを採るカネマラは、アイリッシュウイスキーとして稀有な存在。
スモーキーと言ってもラフロイグやラガヴーリンのような重さはなく、アイリッシュらしい爽やかさが魅力です。
アイラ系への苦手意識のある方にこそ飲んでいただきたい逸品。



ライターズ ティアーズ



【特徴】
#ブレンデッド・アイリッシュウイスキーだが
#「グレーンウイスキー」と「モルトウイスキー」をブレンドする基本形ではなく
#「ポットスチルウイスキー」と「モルトウイスキー」とをブレンド


店長:滝
風味のタイプ:☑飲みやすい ☑華やか ☑スイート ☑ちょっと酸っぱい
オススメの飲み方:☑なんでも

大麦を発芽させて得られる、柔らかな麦芽を原料とするのがモルトウイスキー。
一方のポットスチルウイスキーは、大麦麦芽のみならず未発芽の大麦を使用します。
固くて扱いづらい未発芽大麦は石臼で挽いて調理し、発酵液に単式三回蒸留を行うというスタイルはアイルランドならではのものです。

さて、「アイルランドならでは」といえば、三回蒸留モルト原酒と、それによるブレンデッドウイスキー。
「アイリッシュは飲みやすい!」という認知を作ったのは、まさにタラモアデューやジェムソンらブレンデッドウイスキーであるなあと思うところ、もう一方の「アイルランドならでは」である石臼挽きのポットスチルウイスキーは、同じく三回蒸留と言えど、雑味をも楽しむ濃厚でクラシックなタイプ。
相反する「アイルランドならでは」を大胆にブレンドした本品は、アイルランド文化を凝縮したようなウイスキーです。



レッドブレスト 12年



【特徴】
#ミドルトン蒸留所謹製
#1つの蒸留所で製造された原酒のみを使用(シングル)
#ポットスチルウイスキー
#すなわち「シングル・ポットスチルウイスキー」
#シェリー樽熟成


店長:滝
風味のタイプ:☑スイート ☑パワフル ☑フルーティ
オススメの飲み方:☑ロック

ライターズティアーズのようなブレンドではなく、ポットスチルウイスキーのみをボトルに詰めた贅沢な逸品。
熟成に使用されている樽は辛口シェリー"オロロソ"の中古樽で、12年間の熟成を経ることで酒色は赤みを帯びてゆきます。
この赤さはコマドリの胸の色に例えられ、レッドブレストの名前の由来となっているのだとか。
アイリッシュならではの、クラシックな味わい。どうぞお試しあれ。



ティーリング シングルモルト



【特徴】
#シングルモルト・アイリッシュウイスキー
#2012年に設立されたアイルランドの新勢力
#タイプの異なる個性的な5種類の原酒をブレンド


店長:滝
風味のタイプ:☑爽やか ☑フルーティ ☑酸っぱい
オススメの飲み方:☑なんでも

ウイスキー発祥の地とも言われるアイルランド。
アイリッシュウイスキーの最盛期であった18世紀、数えきれないほど存在したとも言われるウイスキー蒸留所は時代とともに姿を消し、20世紀初頭には僅か数か所にまで減少してしまいます。
しかし、近年のウイスキー景気に後押しされ、現在のアイルランド内では小規模蒸留所が次から次へと現れており、市場が活気を取り戻しながら現在に至っています。
2012年に設立されたティーリング蒸留所もそのひとつ。これからのアイリッシュウイスキーシーンを担うホープです。

本品の特徴は、「ウッドフィニッシュ」した原酒を複数使用している点。
ウッドフィニッシュ製法とは、ある熟成期間のうち、そのほとんどをA樽で熟成させ、残り短期間をB樽で熟成するといったように、原酒にいくつかの樽を跨がせることでウイスキーの風味に変化をつける製法のこと。
ある樽で長期間→シェリー樽で短期間 というパターンなら「シェリー樽フィニッシュ」と呼ばれます。
しかし本品はというと…
・シェリー樽フィニッシュ原酒
・ポートワイン樽フィニッシュ原酒
・マデイラワイン樽フィニッシュ原酒
・ホワイトバーガンディ樽フィニッシュ原酒
・カベルネソービニオン樽フィニッシュ原酒
の全てをブレンドしているというスペックで、複雑さを極めています。
細かな味を見つけるように飲むのはちょっと難しいかもしれませんが、(そもそも、ホワイトバーガンディが何物なのか分からないのが普通ですが)若き蒸留所が挑戦的な取り組みをしてゆく姿には、未来のアイリッシュウイスキーへの期待が募るばかりです。



当店では、お酒を小瓶に詰め替えて販売いたします。この商品はフルボトルではありません。お間違えのないようにお願いいたします。
※香りや味の感じ方には個人差があります。
※メーカーの変更により、実際に詰めるお酒のデザインが掲載画像のデザインと異なる場合があります。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています