絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ユーザー

本品はラフロイグセット【A】 3ピースに含まれます。
ラフロイグ 18年
2,840円(内税) 〜 7,090円(内税)
28 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容量
30ml100ml
購入数

ラフロイグ 18年
2,840円(内税) 〜 7,090円(内税)
28 ポイント還元
アイラモルトの王と呼ばれ、世界で愛されているシングルモルトウイスキーの18年もの。
You either love it or hate it.(好きになるか、嫌いになるかのどちらか。)というコピーライトは的確に特色を捉えたものといえよう。


度数:48度
原産:スコットランド
当店での開栓:2021年4月
当店での保存:開栓前からパラフィルムを重ねて冷暗所で縦置きし、開栓後はサーブごとにパラフィルムを巻き直し冷暗所にて縦置き

当店では、お酒を小瓶に詰め替えて販売いたします。この商品はフルボトルではありません。お間違えのないようにお願いいたします。
※メーカーの変更により、実際に詰めるお酒のデザインが掲載画像のデザインと異なる場合があります。



ラフロイグ 18年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [10]
かなりクセが強いので、色々な種類のウイスキーを飲んでからの方が良いと思います。
でも、私のように好きになる人はとことんハマっていくようなお酒なので飲んでほしい、という気持ちがあるので10点です。

《香り》


凄く濃い香りでスモーキーです。
今まで飲んだ中で圧倒的に1番クセが強く独特な香りです。
はじめてラフロイグを飲んだときは病院の待合室や正露丸の強い香りだと思いました。

《味》


クセがかなり強く、口にいれてから鼻にぬける香りも強いです。
はじめは正直、ウって思いましたが、何故かもうひと口のみたくなり、もうひと口、もうひと口、とハマっていく中毒性のある味です。

《おすすめの飲み方》


ストレート

《一緒に食べたい おつまみ》


チョコレート
苦味の強いものと甘いものと何種類ものチョコレートをおつまみにします。

《おすすめのシチュエーション》


食後、至福のひとときに。
春夏秋冬いつでも飲みたくなります。
チョコをつまみに飲みながら読書したり。




ラフロイグ 18年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [30]
キャラクターが強く、ビギナーには不向きなウイスキーだと思うからです。
ウイスキーを飲み始めるのであれば、もう少しまろやかでクセのないブランドから入るのが良いでしょう。

《香り》


若いラフロイグは若干クレオソートのような香りがしますが、18年ものとなると香りもマイルドになり、鼻に抜ける香りが爽やかです。
角が取れて丸みを帯びたイメージです。

《味》


ピートの香りが強く、力強い印象です。
スコッチの中でもインパクトが大きいので「ウイスキーを飲んでいる」という実感があります。

《おすすめの飲み方》


癖が強いので炭酸で割ってハイボールがオススメです。
お湯割にすると香りが強く、若干鼻につきます。

《一緒に食べたい おつまみor料理》


チーズの盛り合わせでまろやかに。

《おすすめのシチュエーション》


休みの前日、「今日は呑むぞ」という日が良いでしょう。
活力が欲しい時や気合いを入れたい時にピッタリです。
食事に合わせるよりもお酒だけを純粋に楽しむようのシチュエーションが良いと思います。
良い意味で「お酒が好きなんだな」と思わせるブランドですから、飲んでいるとかっこいいと思います。




ラフロイグ 18年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [20]
ビギナー向きではありません。ピート香もスモーキーな味わいも、慣れていない方にとっては飲みづらいと思います。

《香り》


瞬間的にピリッとしたピート香がするも、すぐにまったりとした甘いバニラ系の香りがします。
スワリングで、2つの香りが両立し、スモーキーながらも甘辛い香りになります。

《味》


飲み口はピート強めにガツンと感じます。口に含むと、スモーク系の味わいが一気に広がります。
飲み込むまでには、ふんわりチョコっぽい甘味にかわっていきます。

《おすすめの飲み方》


ストレート・ロック・トワイスアップ

《一緒に食べたい おつまみor料理》


なし。ピート香と強めで複雑な味を楽しむためにも、チェイサー(水)のみで楽しみたいです。

《おすすめのシチュエーション》


食後です。
食後。夏はロックでパンチの利いた味を、それ以外の季節は水で割ってゆっくり味と香りを楽しみたいです。




ラフロイグ 18年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [85]
圧倒的な個性を楽しむためには、ロックかストレートで飲むことをおすすめする。
しかし、ビギナーさんにとっては個性が強く苦手に感じてしまう可能性もあるので、ソーダ割りから飲んでみることで、自分の好みかどうか試してみてほしい。

《香り》


ほのかな甘さのあと、逞しく個性的なスパイシーさと果実の香り。
他のウイスキーを凌駕する圧倒的なピートのスモーキーな香りに包まれる。

《味》


ホワイトオーク樽から来るチョコレートを思い出させる華やかな甘み。
長年熟成された歴史を感じさせる味わいが、かすかなスモーキーな香りと共に口の中で、長く続き余韻を楽しめる。

《おすすめの飲み方》


ストレート・ロック

《一緒に食べたい おつまみor料理》


本品のみで楽しみたい

《おすすめのシチュエーション》


食後です。
食後、少しお腹を満たしたあと、一人で。
本品だけで楽しめるような落ち着いたときに。




ラフロイグ 18年 の口コミ/感想・評判


ビギナーおすすめ度 [40]
バニラのような甘さと海藻の塩っけが混ざり合い独特な味わい。
くせがある口当たりで上級者向けのウイスキーです。

《香り》


フルーツと柔らかいピートスモーク、バニラのような香りと甘みのあるヨード香がバランスが良く上品にまとまっていて、リッチな甘い香りを演出する。

《味》


柑橘系のフルーティーさとバニラのような甘さが広がり、次第に灰のようなミネラル感、微かに塩っ気も感じる。
鼻からは芳ばしい香りが抜け、リッチな味わいの余韻がじんわりと続く。

《おすすめの飲み方》


ハイボール

《一緒に食べたい おつまみor料理》


本品のみで楽しみたい

《おすすめのシチュエーション》


食後です。
夏に夕暮れを眺めながら飲みたいウイスキーです。
個人的には妻と2人っきりで語らいながら飲むことが好きです。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています