絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ユーザー
ジャックダニエルセット【A】 3ピース
1,190円(内税) 〜 3,140円(内税)
11 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容量
各30ml各100ml
購入数

ジャックダニエルセット【A】 3ピース
1,190円(内税) 〜 3,140円(内税)
11 ポイント還元
アメリカ・テネシー州に位置するジャックダニエル蒸留所より、お得なテネシーウイスキー3種の飲み比べセットです。


■商品の内容
・ ジェントルマンジャック (40度)
・ ジャックダニエル ボトルド・イン・ボンド (50度)
・ ジャックダニエル シングルバレル (45度)


店長:滝
バーボンウイスキーの最大産地はケンタッキー州。
ジャックダニエルは、その南に接するテネシー州で造られる「テネシーウイスキー」。
このジャックダニエルこそが、アメリカンウイスキーとして最も売れているウイスキーブランドであり、バーボンウイスキーとして最も売れているウイスキーでもあります。

ジャックダニエルは「テネシーウイスキー」、だから「バーボンウイスキー」ではないのでは?
…と思われがちなこのテーマ、実は、その酒が「テネシーウイスキー」の法定義を全て満たすとき、自動的に「バーボンウイスキー」の法定義をも全て満たすため、全てテネシーウイスキーは、同時にバーボンウイスキーでもあるという関係にあります。

従って、やっぱりジャックダニエルはバーボンウイスキーなのですが、ジャックダニエルのラベルに"BOURBON"の文字はありません。
それどころか、ジャックダニエルの公式ブランドサイトには"IT'S NOT BOURBON"とあるくらいで、「バーボンなんかとは別格の酒」という意味の売り文句にしてしまっているからややこしい。
更に、ジャックダニエルに次ぐバーボンウイスキーNo.2の「ジムビーム」は、「ジャックさん自身がバーボンじゃないって言ってるなら…」ということで「世界No.1バーボン JIM BEAM」として売っちゃうあたり、腕っぷしでございます。
正確には、「法的なバーボンウイスキーのうち、自称バーボンウイスキーの世界No.1 ジムビーム」ということですね。

では、バーボンウイスキーには要らず、テネシーウイスキーにのみ必要な条件とは何なのか?
それは、高く積んだサトウカエデの木炭で原酒を「濾過」すること。
この濾過工程のことを「チャコールメローイング」といい、これによりケンタッキーバーボンとは一線を画したマイルドで優しい飲み心地を実現しているのです。

ジャックダニエルは、テネシー製法であるチャコールメローイングにより"IT'S NOT BOURBON"を売り文句とする一方で、一般にチャコールメローイングを行わないケンタッキーバーボン業者から言わせれば「濾過なんかしたら酒の味が抜ける」というご意見もあるとかないとか。
それぞれに譲らない拘りがあるからこそ、それぞれが美味しいものになってゆくのだなあと感じるばかりです。

本セットは、スーパーやコンビニでもおなじみの「ジャックダニエル Old No.7」の上位品にあたる3銘柄の飲み比べをお楽しみいただけます。
まず、「ジェントルマンジャック」は滑らかさをフォーチャーしたタイプ。
濾過工程を通常よりも多く行うことで、持ち前の優しさに磨きをかけています。

次に、「ボトルド・イン・ボンド」は濃厚タイプ。
熟成は4年以上、異なる熟成年の原酒をブレンドしない…、などなど、品質に関する様々な条件を定めた法律「ボトルド・イン・ボンド法」を全てクリアした本品は、高品質の約束されたウイスキーであると言えます。
この法律の注目すべき条件は「アルコール度数は50度」というもの。抜群の濃さと重さ、飲みごたえの秘密がここにあります。

最後に、「シングルバレル」は読んで字のごとく、単一の樽から成るウイスキー。
一般的なウイスキーは、いくつもの熟成樽の原酒をタンクで混ぜ合わせ、品質の安定化をはかってから瓶詰めされますが、一方の本品は、それをしないで瓶詰めを行います。
美味いのもあればマズいのもあり、アタリハズレがあるのでは?という疑問は半分正解で、いつも決まった味が飲めるわけではありません。
しかし、上位品である「シングルバレル」の品質を満たしたと判断されたものだけが「シングルバレル」として商品化されるわけなので、語弊を恐れずに言えば「足を引っ張る原酒は使われていない」。すなわち、「良いジャックダニエル」ということができます。
どうぞお試しあれ。




当店では、お酒を小瓶に詰め替えて販売いたします。この商品はフルボトルではありません。お間違えのないようにお願いいたします。
※メーカーの変更により、実際に詰めるお酒のデザインが掲載画像のデザインと異なる場合があります。
この商品を購入する